2017.03.29 ミラノサローネのご案内 2017

毎年4月にイタリア ミラノで開催される、International Salone del Mobire(ミラノ国際家具見本市)通称、ミラノサローネが、4月4日からスタートします。
デイリープレスがPRを担当する会場のご案内です。

KARIMOKU NEW STANDARD 会場:Rho Fiera Milano Expo - Hall 10 Stand A07 会期: 4 月4日(火)- 9 日(日) 9:30 - 18:30 カリモクニュースタンダードは、4 月にミラノで開催される世界最大の国際家具見本市「ミラノサローネ」に出展します。今回で8 度目の出展となる今年は、世界各国から2,400 社以上の出展と、30 万人以上の人々が訪れる「Rho Fiera Milano 」に単独で出展、デザインプロトタイプを発表します。 http://www.karimoku-newstandard.jp/

AGC Asahi Glass 会場:Superstudio Piu GALLERY:via Tortona 27 会期: 4 月4日(火)- 9 日(日) 10:00 - 21:00    ※4/5 17:30-19:30はクローズドイベント開催のため入場できません。    ※4/9は18:00まで プレスプレビュー:4月3日(月) 15:00 -20:00 3回目の出展となる本年のテーマは、”Touch ”。視覚的表情を持つガラスからナノ単位の微細なテクスチャを持つガラスまで、AGC旭硝子の様々な加工技術を用い「揺らす」「叩く」「描く」など、楽しみながら「触れる」ガラス作品を制作しました。今年のクリエーションパートーナーは、デザイナーの倉本仁氏と、ロンドンを拠点に活動するデザインスタジオのRaw-Edges。 http://www.agc-milan.com/

Panasonic 会場:Accademia di Belle Arti di Brera:via Brera, 28 会期:4 月4日(火)- 9 日(日)11:00 - 21:00 プレスプレビュー:4月3日(月) 13:00 -16:00 テーマは「 Electronics MeetsCrafts:」。パナソニックデザインは日本の伝統工芸の高い技術力と美意識を発信し、世界から注目される京都の伝統工藝の後継者によるクリエイティブユニット「GO ON」をプロジェクトパートナーに迎え、人の五感や記憶に響くインスタレーションとプロトタイプを発表します。 http://news.panasonic.com/global/topics/2017/46285.html

HARU stuck-on design 会場:Next Agency :Viale Crispi 5 (Travel through design会場内) 会期: 4月4日(火)-9日(日) 10:00 - 21:00 オープニングパーティー:4月3日(月)19:00- 2016年のフォーリサローネにてローンチしたテープブランドHARU stuck on design; 。 2年目となる本年は、フランスのMeet My Project 社主催の合同展 ”Travel through design” に参加します。会場の壁面には大型のアート作品を制作。外壁にもインスタレーションを施し、新たなアプローチによる色とりどりの空間デザインを提案します。 昨年に引き続き、小林弘和と山田春奈によるクリエイティブユニット、SPREADがデザインを監修。 http://www.haru-stuckondesign.com/

©Yuri Suzuki

YURI SUZUKI DESIGN STUDIO × AUDI 会場:Audi City Lab:Corso Venezia, 11 会期:4月4日(火)-9日(日) 10:00 - 20:00    ※5日、6日のみ10:00 - 17:00 ロンドンを拠点に活動する日本人デザイナー/サウンド・アーティスト、スズキユウリ。 スズキユウリ率いるYURI SUZUKI DESIGN STUDIO と、ドイツの自動車メーカーであるアウディ社がコラボレーションし、ミラノサローネの期間中に16 世紀のセミナリオを会場に大規模な音のインスタレーション「SONIC PENDULUM」を開催します。 http://yurisuzuki.com/ http://eventi.audi.it/audi-city-lab-2017milano/ プレスリリースのダウンロードはこちらより

私どもが担当する会場の他、日頃よりお世話になった方々や、日本の企業やクリエイターの方々の展示会場、市内のショールームなどをGoogle Mapsにまとめております。 全ての会場を網羅できておりませんが、ぜひご参照下さい。 下記のリンクよりご覧下さい。 Milano Salone 2017 prepared by daily press ※会期終了したため閉鎖しました。