2016.04.08 MILANO SALONE 2016

毎年4月にイタリア ミラノで開催される、Salone Internazionale del Mobile di Milano(ミラノ国際家具見本市)通称、ミラノサローネが、4月12日からスタートします。 私どもデイリープレスがPRを担当する会場のご案内です。

Photography: Scheltens & Abbenes 2016/ 会場:Via delle Erbe 2, 会期:4 月13 日(水)- 17 日(日) 10:00 - 18:00 ※4/15, 16は20:00まで プレスプレビュー:4 月12 日(火)10:00 - 15:00

有田焼創業400周年事業の一環として、2013年11月にスタートした 2016/。 クリエイティブ・ディレクターを柳原照弘が、コーディレクターをショルテン&バーイングスが務め、有田の10の窯元の高度な技術と、世界各国から16組のデザイナーの才能を集結させ、約300を越えるコレクションが生まれました。400年という長い間、苦境に立たされながらも際だって高いクオリテイの磁器を製造できる磁器産業の町として生き残ってきた有田に、また新たな章が幕を開けます。有田焼の新しいブランド2016/ は、世界の人々に向けて、現代の有田焼を発信していきます。 2016arita.com

AGC Asahi Glass 会場:Superstudio Piu GALLERY:via Tortona 27 会期: 4 月12 日(火)- 17 日(日) 10:00 - 21:00 ※4/17は18:00まで プレスプレビュー:4月11日(月) 15:00 -20:00

2回目の出展となる本年のテーマは、”Amorphous”(アモルファス)。AGC旭硝子が開発する「薄板化学強化ガラス」を約5000枚用いて、約10億倍に拡大したガラスの分子構造「アモルファス」を体感する空間を創り出します。 今年のクリエーションパートーナーは、デザインファーム、NOSIGNERと、照明デザイナーの岡安泉氏。 http://www.agc-milan.com/mdw/2016/

CITIZEN 会場:Superstudio Piu ART POINT:via Tortona 27 会期: 4 月12 日(火)- 17 日(日) 10:00 - 21:00 ※4/17は18:00まで プレスプレビュー:4月11日(月) 15:00 -20:00 オープニングパーティー:4月11日(月) 18:00 -20:00 2度目となる本年のテーマは”time is TIME”。クリエイティブディレクションにパリを拠点に活動する建築家 田根剛氏(DGT.)、テクニカルディレクションに遠藤豊氏(LUFTZUG)を迎え、約12万個の時計の全ての部品を支える基盤装置である「地板」が空間を埋め尽くす、光り輝く壮大な空間の中で、時間をより深く探求するインスタレーションを行います。 オープニングパーティーでは、世界的に活躍するピアニスト向井山朋子氏と、気鋭のサウンドアーティスト evala氏によるライブセッションも。相反する2つの音源と光が共鳴しあう、 「時」「時代」「光」- CITIZENのフィロソフィーをぜひご体感下さい。 http://www.citizenwatch-global.com/g/event2016/milan/index.html

KARIMOKU NEW STANDARD 会場:Studio Nerino:via Santa Marta 21 / via Nerino 8, 会期: 4 月12 日(火)- 17 日(日) 11:00 - 20:00 プレスプレビュー:4月11日(月) 14:00 -17:00 COCKTAIL PARTY::4月15日(金)18:00 – 21:00 Scholten & Baijings、Lucien Gumy、そしてChristian Haas の新しい家具(プロトタイプ)を発表します。会場は、サローネでも最近注目の歴史的なエリア「5 vie district」にある中庭にひっそりと佇む雰囲気のよいオフィス。今回の展示では家具の発表という場を超えて、魅力的なアートが家具と空間をつなぎ楽しい時間を過ごしていただける部屋を、カリモクニュースタンダードのクリエイティブ・ディレクター、ダビッド・グレットリとイタリアを拠点に活動する韓国人アーティスト、CHUNG Eun-Moが作り上げます。 www.karimoku-newstandard.jp/

HARU stuck-on design 会場:Via Lovanio, 6 (CASA GIFU会場内) 会期: 4月12日(火)-17日(日) 10:00 - 21:00 プレスプレビュー:4月11日(月)15:00-21:00 株式会社ニトムズが、クリエイティブユニットSPREADと共に開発した新しいテープブランド「HARU stuck on design;」。「色を貼る」という新たな発想でテープで空間をクリエーションツールです。 日本のローンチに先駆け、ミラノサローネの期間「CASA GIFU」のゲストブランドとして、現地でプレゼンテーションを行います。会場ではSPREADが、「CASA GIFU」のディレクションを担当するatelier oiとコラボレーションし「HARU stuck on design; 」のテープを用いてCASA GIFUの会場を彩ります。 http://haru-stuckondesign.com/

私どもが担当する会場の他、日頃よりお世話になった方々や、日本の企業やクリエイターの方々の展示会場などを地図にまとめております。全ての会場を網羅できておりませんが、現地へ行かれる際、お役立ていただけたらと思います。 下記より、ダウンロード下さい。 PDF版 MILANO SALONE 2016:Fuori Salone Exhibition Map Google Mapsへのリンクはこちらより